New Exhibition :: Japan Premier - People, Book, Land: The 3,500 Year Relationship of the Jewish People With The Holy Land

New Exhibition

Japan Premier - People, Book, Land: The 3,500 Year Relationship of the Jewish People With The Holy Land

Co-Organized with UNESCO & sponsored by the State of Israel, the United States and Canada

Monday, December 18, 2017, 2:00PM
Yamano Beauty College, Yamano Hall
1-53-1 Yoyogi, Shibuya-ku
Tokyo 151-8539

R.S.V.P. by December 10 at: RSVP4Functions@gmail.com


イ ベ ン ト の ご 案 内

  ~3500年の歴史を持つユダヤの歴史展~

1.日 時:20171218日(月) 午後2時


2.場 所:山野美容専門学校 山野ホール

      東京都渋谷区代々木 1-53-1


3.主 催:サイモン・ウィーゼンタール・センター(在ロサンゼルス)


4.協 力:国連教育科学文化機関(U.N.E.S.C.O


5.後 援:イスラエル、カナダ、アメリカ合衆国各政府


6.内 容:標記の展示に加え、松浦晃一郎(元駐仏大使)第8代ユネスコ事務局長に

      対する「サイモン・ウィーゼンタール・センター人道賞」の授与


7.申 込:RSVP4Functions@gmail.com  (12月10日までに)


8.参加費:無料


9.備 考:サイモン・ウィーゼンタール・センターは、米国内で40万人の会員を擁する世界最大級のユダヤ系人権擁護団体の一つ。国連・ユネスコ・欧州安全保障協力機構・米州機構・欧州評議会・ラテンアメリカ議会などの国際機関から、NGO資格を得ている。




民、聖書、その発祥の地:
ユダヤ人と聖地の3500年にわたる繋がり


“民、聖書、その発祥の地: ユダヤ人と聖地の3500年にわたる繋がり”は、サイモン・ウィーゼンタール・センターが国連教育科学文化機関(ユネスコ)の支援を受けて制作した、ユダヤ人と彼らの土地との3500年にわたる繋がりを辿った展示です。この展示は2014年6月、ユネスコ事務局長イリナ・ボコバ氏とサイモン・ウィーゼンタール・センター設立者館長のマーヴィン・ハイヤー師により、パリのユネスコ本部で最初に開催されました。

“民、聖書、その発祥の地: ユダヤ人と聖地の3500年にわたる繋がり”は、国連が1947年にユダヤ人国家を認めた歴史的理由、即ち3500年途絶えることのなかったユダヤ人と聖地の繋がりという顕著な事実を描いた、初めての国連支援による展示です。

著名な歴史家であるRobert Wistrich 教授が展示文章を執筆しましたが、それは、長い歴史を通してユダヤ人のユニークな旅路を励まし、彼らが祖先の祖国の地に変わらぬ絆と愛を持ち続けるよう何世紀にもわたって励ました、普遍的かつ彼ら独特の価値観を強調しています。
この展示は、サイモン・ウィーゼンタール・センターが、著名なNGO ( 非政府組織 ) として世界的に実施している、ナチスホロコーストの教訓、異人種間の交流と寛容、そして全ての人々の権利と尊厳に関する、教育活動の一環です。
 
PEOPLE, BOOK, LAND:
THE 3,500 YEAR RELATIONSHIP OF THE JEWISH PEOPLE WITH THE HOLY LAND

People, Book, Land: The 3,500 Year Relationship of the Jewish People with The Holy Land is the Simon Wiesenthal Center's new exhibition, developed under the auspices of the United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (UNESCO) that traces the 35 centuries of the Jewish people's relationship with its land. The exhibit premiered at UNESCO Headquarters in Paris in June 2014 and was launched by UNESCO Director General Irina Bokova and Simon Wiesenthal Center Dean and Founder, Rabbi Marvin Hier. It is scheduled to be displayed at the UN Headquarters in New York and then travel internationally.

People, Book, Land: The 3,500 Year Relationship of the Jewish People with the Holy Land is the first exhibition under United Nations auspices which outlines the historic raison d’être for the UN vote to recognize a Jewish homeland in 1947: the remarkable fact that the Jewish people have an uninterrupted 3,500-year relationship with the Holy Land.

Renowned historian Professor Robert Wistrich authored the exhibition that also emphasizes the universal and particularistic values that inspired the unique journey of the Jewish people throughout history and inspired Jews to retain an unbreakable bond and love for centuries their ancestral homeland.

This exhibit is part of the Simon Wiesenthal Center's mandate that includes using its top-tier NGO (non-governmental organization) status to educate the world about the lessons of the Nazi Holocaust, intergroup relations and tolerance and standing for the rights and dignity of people everywhere.